鼻の下の毛穴の黒ずみを解消する方法とは

鼻の下の毛穴の黒ずみを解消する方法とは

鼻の下の毛穴の黒ずみは男女を問わずに目立ちやすい部位なのです。ムダ毛の処理頻度が多くなりやすいですし、紫外線を直接浴びるので乾燥のリスクもあります。乾燥肌を防いでいくためにも、シェービング後の保湿対策が必要となります。しっかりと保湿をしておけば、バリア機能が上がるので黒ずみを予防できるでしょう。

 

夏場は紫外線が多くなるので、鼻の下の毛穴の黒ずみが発生しやすいです。毎日洗顔をして毛穴を綺麗にしてから化粧水を使用しましょう。化粧水は多めに使用するのがコツであり、節約して使ってはいけません。用量を半分にしてしまうと、作用は半分未満になってしまうのです。

 

どんなに高額な化粧品であっても、適量を使用したときに効果を発揮してくれます。

 

鼻の下の毛穴の黒ずみをなくすためには、自分でムダ毛処理をすることをやめる必要があるでしょう。医療レーザー脱毛が理想的な処理方法なので、肌荒れが気になる人におすすめします。

 

医療レーザーは高刺激と言われていますが、処理後はケアを徹底してくれますし、アフターサービスも充実しています。肌トラブル発生時の対処も含めて、困ったときは医療脱毛と言われているのです。鼻の下の毛穴の黒ずみが気になり始めたら、医療脱毛でフェイス脱毛を受けておきましょう。

 

 

本数が少ないなら鼻の下の毛は脱色を

鼻の下の毛の本数が少なくて短いものが多いのなら、脱色でも十分です。色を抜くだけなので本当にこれで解決するのかという意見もありそうですが、本数が少なければ十分に目立たなくなるはずです。

 

ただし、注意したいのが少なくて短いタイプでも、ムダ毛の色素が濃くて黒々としているようなら脱色することで目立ってしまうこともあるという点です。色を抜いた部分はキレイに見えますが、伸びてきた部分が黒くて目立ちますので、そのギャップでかえっておかしな印象を与えてしまうかもしれません。

 

また、薬剤によっては肌がかぶれてしまうこともありますので、その点にも注意が必要です。鼻の下の毛を剃って済ませる人も多いのですが、長年剃っていた人は肌表面の角質層が何度も削り取られた状態であり、段々と皮膚が薄くなっている可能性があります。

 

そのダメージが蓄積された肌に薬剤が染み込むことで炎症を起こしたり、ヒリヒリとした不快な症状が続くこともありますので、肌に合わないものは使えません。

 

これらの点さえクリアできれば脱色は有効な手段となります。脱毛のように痛みを感じるような処理ではありませんし、処理後は自然な美しさを引き出すことができる方法です。

 

⇒顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?