中学生の鼻の下の毛は薄いです、早めから対処を

中学生の鼻の下の毛は薄いです、早めから対処を

中学生の鼻の下の毛はとても薄いです。身体やホルモンの成長が目立つ時期ですから、産毛やヒゲになる前の段階があらわれてくるのは仕方がないとも言えます。普通に剃り続けていくと濃くなり、最後は無精ヒゲや青ヒゲになる場合がありますから、回避してほしいです。

 

中学生の内から肌にマイルドな抑毛剤を使っておくと将来は安心につながります。

 

けれども、10代の時に刺激が強い化粧水や有効成分をつけてしまうと、肌荒れや赤み、かぶれと皮がめくれてきますから、気をつけてください。おすすめできるのは「大豆イソフラボンエキス」や「ヒオウギエキス」です。それら二種類の液体は他の成分と比べると刺激が弱めですから、中学生や10代には使いやすいと思います。

 

鼻の下の毛は細い内から対策していけば、ヒゲになることはないです。危ないのは剃った後になんにもケアしないことですが、放っておくと毛根はどんどん成長していきます。

 

また、大豆イソフラボンエキスやヒオウギエキスは分子が大きいですから、毛穴の奥まで入らないデメリットがあります。使うならお風呂上がりに使ってください。

 

インナーケアでは、大豆食品を食べていくことです。体内から大豆イソフラボンが吸収されればムダ毛の成長が遅れます。

 

 

鼻の下の毛が気になる中学生へのアドバイス

鼻の下の毛の濃さや量は千差万別です。当然、生えてくる年齢にも差はあります。ただ中学生になると生え始める、そして目立ち始めると言う人は多いようです。思春期だからこそ、鼻の下の毛が気になって仕方ないと言う人もいるかもしれませんが、だからと言って力任せに処理をするのは良くありません。

 

それが肌を傷つけ、成長するにつれ色素沈着やシミの発生につながる恐れもあるためです。中学生でもできる簡単な処理方法としては、やはりカミソリで剃ると言う方法が挙げられます。カミソリは一般的なドラッグストアで販売されている物で構いません。

 

カミソリを使うのが初めてだと言う人は、ケガがしにくいよう、セーフティのついたカミソリを選択すると安心です。そして鼻の下の毛にクリームや、洗顔料を泡立てたものを乗せます。あとはゆっくりとカミソリを滑らせるようにして剃っていけば完了です。

 

ポイントとしては、カミソリの刃を強く肌にあてすぎないこと、一度に全部の毛を剃ろうとはせず、少しずつ剃っていくことが挙げられます。剃り終えた後には、化粧水で保湿します。

 

ですから化粧水を使っていないと言う人は、ドラッグストアでカミソリと一緒に化粧水も買っておくと良いです。中学生の場合は、1週間に1回を目安に処理をすると良いです。

 

⇒顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?