鼻の下の毛を抜くときの注意と自分に合う除毛方法

鼻の下の毛を抜くときの注意と自分に合う除毛方法

鼻の下の毛が目立つと、なんだか恥ずかしくて、自信がなくなってしまう方も多いのではないでしょうか。鼻の下の毛は化粧でも隠しにくいので、なんとか改善したいものです。しかし、鼻の下の皮膚は薄く敏感な場所でもあるので、処理の仕方を誤ると肌トラブルの原因になるため注意が必要になります。

 

特に毛抜きを使って、鼻の下の毛を抜くのは、とても手軽で短時間で済んでしまうため、そうやっている人も多いかもしれません。しかし、毛を抜いた場所は、毛穴が開いて雑菌が入りやすい状態になってしまいます。そうすると、毛を抜いたところが赤くブツブツになってしまい、のちに黒ずみなどの原因にもつながりかねません。特に肌が弱い場合は、鼻の下の毛を抜くことは肌に負担をかけてしまうため、できるだけ避けた方が無難です。

 

鼻の下の毛は、毛抜きで抜く以外にも、カミソリや除毛クリームを使う方法もあります。しかし、やはり毛を抜くのと同様に肌に負担をかけていることは、否めません。自分に合う除毛方法を見つけるのはとても難しいことなので、一度美容皮膚科などのクリニックで医師に相談するのも1つの手段として考えてみてはいかがでしょうか。

 

鼻の下の毛が生えている場所は、とてもデリケートで肌荒れしやすく、肌トラブルを起こすとなかなか治りにくいこともあります。そのため、処理の仕方は慎重に丁寧に心がけることが大切です。また、どうしても改善しない場合は医師や他の人に相談するのが解決策への近道になるかもしれません。

 

 

鼻の下の毛を抜くのは危険!正しい処理のしかた

ムダ毛の処理として、鼻の下の毛を抜く方法がよく利用されています。剃る方法とは違って、毛の奥の方から取り除けますので、綺麗にムダ毛処理できるのがメリットです。ですが、鼻の下の毛を抜く方法はおすすめしません。

 

毛穴を傷つけて、トラブルが発生する危険が高まるからです。鼻の下の毛を抜く行為は無理やり力を加える方法ですので、周囲の皮膚が傷つきます。傷ついた皮膚が修復しようとし、一時的に毛穴が厚くなります。このときに毛が伸びてくると、毛穴の外へとスムーズに伸びることが難しくなり、皮膚の中に毛が埋もれてしまう、埋没毛が発生します。余計にムダ毛が目立ってしまう結果になるでしょう。

 

また、皮膚が傷つくことで、色素沈着が発生するのも鼻の下の毛を抜く処理のデメリットです。正しく処理をするなら、毛穴に負担をかけずにやさしく毛を処理する工夫をします。抑毛クリームを使えば、毛穴を傷つけずに毛が目立たないようにしてくれますので、試してみましょう。

 

女性ホルモンをサポートする成分や、タンパク質を分解する成分が配合された抑毛クリームなら、剃ったり抜いたりすることなく、使い続けることで負担をかけることなく細かな鼻の下の毛を処理してくれます。

 

⇒女性の産毛用クリームがあるって知ってましたか?